ランキングサイト参加中!
良かったらぽちっとお願いします!
------------------------------------------

ブログランキング・にほんブログ村へ 

起業について

【創業資金について】20代若手起業家が教える!

 

今このページを見てくれた人は、こんなことを考えていませんか?
「良い企業アイデアはあるけど、お金が無い」
Aさん
「お金さえあれば起業して成功出来るのに…」
Aさん
「結局お金がある人って有利だよね」
Aさん
起業を考えている人は、誰しもが考えることかと思います。

創業資金

私も、起業する前に創業資金について、とても考えました。

起業時の創業資金で悩んでる方
起業準備段階の方

以上の方にオススメの記事です!

みなさまの創業資金に関する悩みを解消しています!

それでは早速参りましょう!

創業資金の悩みはこれで解決!<マネファン直伝>創業マニュアル!!

創業資金に悩まれてる方!安心して下さい!

じつは、起業で成功することに、「創業資金」って大して重要では無いんです!

もう一回言いますね!

「創業資金」って大して重要ではありません!

なぜ、重要で無いのかというと

<結論>

今の設備や物が溢れ返った豊かな世の中で、何を始めるにも、お金はそこまでかからないからです!!

全然創業資金とかいらないです!

「お金が無いから起業出来ない」質問メチャクチャ多いですけど、、、

逆に質問します!

「何にそんなにお金がかかるんですか?」

昔であれば、「創業資金が、足りないので起業出来ない」ってのも分かりますけど、今その悩みを持ってること自体が疑問で仕方ないです。

今から、昔と比べて今がどんだけ起業しやすいのか比較してみましょう!

比較その1

昔>携帯やパソコンが無い。あったとしても利用料が超高額。
今>携帯やパソコンがある。しかも超安い。誰でも持てる。

比較その2

昔>法人登記をするのに資金が必要

(株式会社であれば最低資本金1000万円)
今>法人登記をするのに資金が必要無い

(株式会社であれば最低資本金1円からでも出来る)

比較その3

昔>アウトソーシングが浸透してない。
今>アウトソーシングが浸透してる。

他にも挙げれば山ほどあります。

どうですかみなさん?

今の時代って誰でも創業資金無しで起業って出来るんですよ!

私からしたら、お金が無いから起業出来ないは言い訳にしか聞こえません 。

資金が無いと物理的に起業出来ないのであれば話は分かりますが、今の時代は起業するのにお金は要りません。

必要なのはアイデアと情報だけです。

起業資金で困っている方にとっておきの言葉を教えましょう。

「資金が無くても、出来る方法はあるはずだ」

これです。

資金が無いから、出来ない

資金が無くても、出来る

今までの考え方を変えて下さい!

Google先生に聞けば大抵の事は解決しますので!

それでも無理なら私に聞いて下さい!!笑

必ず突破口はあります。

お金が有ろうが無かろうが絶対起業して成功するって決断して下さい!

そしたら絶対起業して成功出来ますから!

 

どんなに創業資金とか必要無いと言われても、、こう思っていませんか?

 

具体的な話がないと納得出来ない!!
Aさん
今回は私が行った、創業資金解決マニュアルの秘密を特別に教えましょう!

このマニュアルを実行すれば本当に創業資金とか全く必要ありません。

 

1、創業資金は調達では無く、削減をする。
2、キャッシュフローが早い事業を選ぶ。
3、会社を辞める前から起業家になる。

この3つです。

私自身、このマニュアルを使って起業することが出来ました。

来年で3年目になりますが、右肩上がりで成長中です。

みなさんの起業も必ず成功します。

 

それではマニュアルの内容を掘り下げていきますね!!

 

1、創業資金は調達では無く、削減を考える。

創業時に不必要なものを、徹底的に省くと言う事です。

例1) 「事務所は来客用にお洒落にしたい」
回答) 「まず、創業時に来客とか来ません。自宅兼事務所で十分です。何なら実家事務所に使えば無料です」

例2) 「人を雇うこと考えると資金が足りない」
回答) 「なら、1人で始めて下さい。どうしても雇わないと回らないならフルコミッションで雇用しましょう。」

こんな、感じです。

お金が無いから出来ないでは無く、いかにして創業資金を下げるのかを考えるのです。

自己資金100万あれば、1億稼げるアイデアなんてゴロゴロあります。

現に、私が起業時の創業資金は120万円50万の枠のクレジットカードのみです。

創業資金「170万」で、初年度「8,000万」は稼ぎました。

目標までは、あと2000万足りませんでした。

起業ってこんなもんですよ!

100万円は、月に10万円貯めれば、たった1年で貯まります。

で、その100万円で初年度から1億狙える。

こんな楽しいゲームは他にありません。

2、キャッシュフローが早い事業を選ぶ

「キャッシュフローが発生するのに最低半年から1年はかかります。」
Aさん
いや、キャッシュフローが早い事業も取り入れて下さい。ただそれだけです。

創業資金があまり無いなら、まずキャッシュフローが早い事業を選ぶべきです。

例外として、キャッシュフローが遅い代わりに

半年、一年後には莫大な資金が稼げる事業があるというのではれば、実家の親に土下座して、1年タダ飯を食わして貰いましょう。

1年後恩返しすれば親も喜びお互いにWIN-WINです。(笑)

本気でお願いした事あります?

本気でお願いすれば大体の願いは聞いてくれる人絶対います。

だから、1年後に絶対恩を返すから力を貸して欲しいと他人を頼りましょう!

3、会社を辞める前から起業家になる。

極め付けはこれ!!!

この、「会社をやめる前から起業になる!」これだけで、創業資金とか要りません。

しかも、リスクほぼゼロで起業出来ます。まず、みなさん起業するって事を難しく考え過ぎです。

起業するって、会社をやめて自分で仕事を始めることって思ってません?

起業家は職業じゃ無くて生き方です。

主婦でも起業家の方って居ますし、会社員の人でも起業家はいます。

学生でも起業家いますし、最近だと小学生の起業家もいます。起業家の様な生き方をする人はみんな起業家です。

会社員から頂いた給料を貯金。貯金したお金を使って、副業を始める。

儲かってる会社に入社して稼ぎのイロハを学ぶ

数字が全ての成果主義な企業に入社して、お金を稼ぐとはどういう事か学ぶ

みんな、立派な起業家です。

この様に、会社員時代から起業家であるかの様な働き方や考え方をしていれば、起業した初月から必ず成功します。

初月から速攻稼げるのであれば創業資金何て必要ありません。

そして、本物の起業家は創業資金が無いから起業出来ないという発言を絶対しません。

以上がMTK式起業マニュアルの中身です。

この、やり方を活用してあなたの創業資金の悩みは一気に解消します!

▼まとめ

本日は起業時の創業資金の悩みについてまとめてみました!

全ては今この瞬間から起業家になると決断することからです。

会社員の時代から起業家の様に考え起業家の様に働けば、起業しても必ず成功しますから!安心して下さい!

焦る必要は無いのです!

まだ、準備が出来て無いのであれば今日からその準備を始めれば良いだけのことなんです!

みなさんが大成功を収め幸せに暮らし行く事を願います!

© 2021 Money Elephant